筋肉を大きくするサプリメント

筋肉を大きくするHMBサプリメントって何?

 

HMBとは「3−Hydroxy 3−MethylButyrate」を略した呼称で、正式名称は「3−ヒドロキシイソ吉草酸」といいます。

 

2000年頃にアメリカでフィットネスサプリとして大ブームとなり、日本では2009年頃から販売が可能となりました

 

HMBは、筋肉の合成に効果的な必須アミノ酸「ロイシン」が体内で代謝される事で生成されますが、HMBの生成量1gに対してロイシンは20g必要になります。

 

そこで、HMBを直接摂取した方が効率的なので、筋肉を大きくするサプリメントとしてHMBサプリメントが開発されました。

 

 

たんぱく質の分解を抑制し、筋肉のロスを防ぐ

 

筋肉を大きくするサプリメントがあるってホント?詳しく調べてみた。

HMBサプリメントの摂取でもっとも期待出来る効果が、たんぱく質の分解抑制です。

 

筋力トレーニングでは体内の栄養が十分で無い場合、たんぱく質が分解されエネルギー源として代謝されてしまいます。

 

たんぱく質は、筋肉の合成に必要不可欠な栄養素であるため、出来るだけ流出は避けたいといえるでしょう。

 

したがって、HMBを摂取することでたんぱく質の分解を抑制し、より多くの筋肉の生成へつなげられるのです。

 

また、HMBは、筋肉内のたんぱく質合成作用を促進させる働きも備えています。

 

そのため、筋トレ初心者であればあるほど、筋肉の増加量の上限まで多くの余裕があるので、HMBを摂取すればより増加量が多くなることが期待できます。

 

 

HMBサプリメントの正しい飲み方

 

筋肉を大きくするサプリメントがあるってホント?詳しく調べてみた。

どんなに優れたプロテインやサプリメントでも、正しい用量・用法を知らなければ効果的な筋力アップは見込めません。

 

日本においてHMBの推奨摂取量は1日1.5gとされています。

 

そして、研究によって、3gまではたんぱく質の分解抑制効果が上昇することが分かっているので、体調やトレーニングメニューによって微調整すると良いでしょう。

 

ただし、3g以上の摂取では筋肉量減少の研究結果が出ているので過剰摂取は禁物です。

 

さらに、1度に1日分を摂取するよりも小分けにして摂取する方が好ましく、トレーニング直後と食後に水で飲むのが効果的です。

 

そのほかのサプリメントと併用しても効果が高く、特にクレアチンとの同時摂取が理想的とされています。

 

 

HMBは安定した効果的な筋肉増大でオススメのサプリメント

 

HMBの筋肉増大効果はスポーツやフィットネス業界だけに留まらず、がん患者の筋肉減少の抑制や、筋力が低下しやすい高齢者の補助など医療業界においても高い評価を受けています。

 

日本では、100%HMBのサプリメントと、HMB以外のほかの栄養も含有した筋力トレーニング用のサプリメントが販売されており、用途や目的に応じて使い分けも可能です。

 

生活習慣や体質、トレーニング習慣の有無で程度の差こそあっても、HMBサプリメントは老若男女を問わず、幅広い利用者に効果的な筋量増加が期待出来ます。

 

したがって、筋肉を大きくするための手段としてオススメのサプリメントといえるでしょう。

 

1日30分のトレーニング

 

筋肉を大きくするサプリメントがあるってホント?詳しく調べてみた。

自宅での筋トレを毎日30分行っています。

 

筋トレのメニューはyoutubeにアップロードされているエクササイズ動画の中から選んでいます。

 

海外の動画の方が本格的で数も多いのでその中から選ぶことが多いでしょうか。

 

内容は有酸素運動が主ですが、時として、足・腹筋・背筋中心、など部位にわけて行うこともあります。

 

他には、登山を月に2回くらい行っています。

 

大体3000メートル級の山を登っています。

 

また、近所に海岸があるので、週に1くらい5キロ〜10キロを海外を往復して走ります。

 

 

オススメの筋トレ

 

あまりハードなものではなく、スロージョギングでゆっくり走り、脂肪燃焼したり心肺機能を高めたりしている感じでしょうか。

 

バランスよくトレーニングをできている気がします。

 

登山時には、アミノバイタルのアミノ酸が3000ミリ入ったゼリーを出発時と下山時に必ず飲みます。

 

飲むとエネルギーが持続する気がします。

 

飲み方は、1時間に一回くらいで、1袋を数回に分けて飲むようにしています。

 

普段の筋トレでは何かを摂取することはありませんが、野菜やたんぱく質を多くとるようには心がけています。

 

食事については、なるべく空腹時に行うことが多く、運動後にはヨーグルトなどを食べることが多いです。

 

太りやすい体質なので、腹八分目を心がけていることと、夜遅くに食事をとるときは、味噌汁だけ・野菜だけ・コンニャクゼリーだけ、など、なるべくカロリーの低い食事をするようにしており、朝起きてからがっつり食事をします。

 

年をとっても効果が出るトレーニング

 

職場が広いので、毎日一万歩以上歩いています。

 

事務所にいる時は座ってますが、別棟に行ったり作業をしたりする時は立っていますのでかなり歩いています。

 

特別ウォーキングをしているつもりではありませんが1日が終わると一万歩超えています。

 

お陰様で坂道も階段も苦になりませんし、走ることも何ら障害はありません。

 

職場は広いため多少効率悪い気もしますが、そのお陰で現在20代から70代の人まで元気に働いています。

 

ありがたい事だと思っています。

 

その他は、帰宅後に主人や娘と町内を一周します。

 

筋肉を大きくするサプリメントがあるってホント?詳しく調べてみた。

その頻度はバラバラで全員が揃った時ですので決まってはいません。

 

週に一度くらいですが、年頃の娘と主人のコミュニケーションの場にもなっています。

 

特にサプリメント等も摂っていません。

 

食事は塩分や脂肪を控えるようにしていますが、魚も肉も好き嫌いなく食べています。

 

野菜も庭の家庭菜園で、今の時期ですとピーマンや、サラダ菜や、インゲン豆等を栽培して食卓に取り入れています。

 

野菜を栽培することにより、更に野菜を食べるようにもなります。

 

これから先はトマトやトウモロコシ、ナス等の季節になります。

 

後は水はミネラルウォーターを使っています。

 

中年になると代謝も悪くなりますので、食事は「後少し.もう一口」をやめて、体重コントロールをしています。

 

体重計に毎日乗るだけでも体重管理になります。

 

成長期ではありませんので、食べるだけ食べていたら、知らぬ間に5キロ位太ったりする事もあります。

 

何でも程々がベストじゃないだろうかと思います。